顔に出来てしまったシミ、女性なら誰でも減らしたいと思いますよね。

勿論出来ることならシミが出来ないようになれば、一番いいことです。

外出する時はきちんと日焼け止めも塗っているし、帽子や日傘も使っているのにどうしてもシミが出来てしまう、もしかしたら食べ物が原因かもしれません。

またシミを減らす効果のあると言う食べ物もありますので、いくつかご紹介しましょう。

まず出来れば食べて欲しくない、シミの出来やすくなる食べ物です。

コーヒー好きの人には気の毒なのですが、コーヒーやそれに入れる白砂糖はシミの原因になりやすい食べ物です。

コーヒーに含まれるカフェインは、肌のメラニンを拡散させやすいという働きを持っています。

まあつまりは、コーヒーだけでなくカフェインを含む食物には注意が必要だと言うことです。

そして白砂糖です、こちらは身体を冷やすと言う、女性には大変に問題のある状態を起こす食物なのです。

身体が冷えれば色々と問題も起きますが、代謝が落ちると言う大問題もあるわけです。

代謝が落ちればメラニンも、残りやすくなってしまいますね。

最後に保存料です、まあ一口に保存料と言っても多くの種類があるのですが、スナックとか菓子類加工品の食品に使われている保存料です。

これはリンを含んでいます、リンは身体に必要なミネラルですが何しろ身の回りの食べ物にはほとんどこの保存料が使われています。

つまり過剰摂取になっているわけです、これもまたシミの原因になるわけです。

では何を食べればシミは減ってくれるのでしょうか?
非常に単純に考えれば、上記3つを排除すればもしくは減らせばいいわけです。

そして正反対の食べ物を摂取すれば、シミも減ってくれると言うことです。

一番簡単に言えば、大好きなおやつとお茶の時間に食べていた、コーヒーやケーキを控えておくことです。

でもそれだと寂しいしストレスの元になってしまいそうだという場合、自然食で補いましょう。

甘い物は果物などで、お茶はハーブティーのビタミンCを含んだもので代用すれば、シミも薄くなってくれるはずです。

ただ最後に一つ注意していただきたいこと、果物はビタミンCも多く果糖も含まれているのでおやつには最適ですが、果糖は身体に吸収されやすいのでダイエット中の方はご注意です。

つまり結論としまして、何事も過剰摂取はシミや健康を害する、と覚えて置いて頂きたいのです。

UVカットを塗るのが大嫌い

いつも3月頃から紫外線が気になります。

いくら寒い時期でも日差しにしばらく当たっているとポカポカしてくるだけでなく肌がジリジリヒリヒリしてくる気がします。

しかし、私はUVカットを塗るのが大嫌いです。

たいていがベタベタしていて匂いも嫌いです。

少し高い目の日焼け止めで、塗った後ベタつかずサラサラして付け心地軽やかだと歌っているUVカットは私の肌には合いません。

乾燥肌なのでカサカサになってしまいます。

ですがベタベタしたものはしっとりせずにベタベタになります。

そこでUVカットを使用せずに日傘や長袖の服で対応します。

特に日傘はよく使います。

見た目が可愛い白色やレースの日傘は紫外線を通すので使いません。

遮光度が高くて色の濃い紫外線を通さない色や素材の日傘を使います。

見た目より機能性を重視して日傘を選んでいます。

私は趣味で外をランニングしています。

その時はさすがに日傘をさすことはできません。

そんな時は長袖や長いズボンを履きます。

日常生活においては日傘で十分日焼け対策ができています。

UVカットは汗をかきタオルで汗を拭くと効き目がなくなります。

しかし日傘は塗り直し、塗り忘れやムラはありません。

さすだけで日焼け対策ができてうっかりということがないので私は日傘だけで十分です。

楽しく笑ってシミを追い出そう

私がシミが気になりだしたのは、ダイエットを始めてからでした。

ダイエットとシミが関係しているのかどうかはわかりません。
私が気になっていたのは足でした。

足が太くて、どうしても足を細くしたかったんです。
色んなダイエットを試して、最終的にはクリスチャンスキニーを履いていました。
クリスチャンスキニーについては、こちらのサイト(http://ecodellanotizia.com/)を参考にしました。

今回は、脚痩せではなくシミについて言いたいです。

私は肌にシミや汚れが出始めると、誰かに会って話をしに行きます。
シミの出来た顔を人に見られたくないという方もいるかも知れませんし、私もそう考えていました。

ですが、あるとき仲の良い友人と会って、久しぶりに楽しく話をして過ごす機会があった際に、
ふと帰宅してから鏡を見てみると、顔のシミや汚れが和らいでいることがわかりました。

一般的に多くの方がケアをする際に気を付けているような、紫外線やシミの対策とは違い、あくまで精神的な面でのケアになります。

もちろん、紫外線を防ぐ服やサングラスも有効的です。

しかしサングラスをしたままでは失礼にあたる場面もありますし、夏はあまり厚着をしたくないのも正直なところです。

そこで、逆に開き直って友人と楽しく過ごすようにしてみたところ、肌のシミが出来る数は激減しました。

心のどこかで「肌の手入れを十分にしていないと、すぐに紫外線負けしてシミが出来てしまう」と考えている自分がいました。

しかし、実際は気にし過ぎるということで、精神的に負荷を掛け続けてしまい、逆にシミや肌荒れを増やしていました。

それからの私は、簡単な日焼け止めを塗って、あとはあまり気にし過ぎないように日々を過ごすようにしています。

表面的なケアももちろん大切ですが、内面的な対策として精神を安定させておくのも、やはり美容には重要なことのようです。